アクティブシニアのすばらしいセカンドライフのために・・・
シニアのセカンドライフ・ナビ HOME

2007年4月からの年金制度


2007年4月1日から、年金制度が一部改定されました。
特に以前から注目を集めてきた年金の「離婚時の分割」が適用されるようになりました。
新しい年金制度・離婚時の分割は?

2007年4月1日から、年金制度が一部改定されました。特に以前から注目を集めてきた年金の「離婚時の分割」が適用されるようになったのが大きな特徴です。

これは4月以降に離婚する場合、厚生年金や共済年金の報酬比例部分について、最大50%の分割が可能になるというものです。
ただし、双方の話し合いか、裁判手続きによる「合意」が必要です。また、分割対象は婚姻期間に応じた支給分に限られます。

この制度改正により、一部のマスコミなどでは「熟年離婚」が増えるのでは・・・・と予想していますが、果たして男女双方にとってプラスになる制度なのかどうか、疑問が残ります。

老後の生活資金や、またお互いに身体が衰えた時の事などを考え、むやみにマスコミに踊らされる事なく、このような制度を利用するべきかどうかを検討するようにしましょう。

年金制度改定の中身


2007年4月1日からの年金制度改定では、「離婚時の年金分割」の他、次のような点が変わります。

働いている70歳以上の人の支給調整
現在、60代以降も会社勤めを続けている場合、給与水準に応じて老齢厚生年金の一部かまたは全額を支給停止するしくみがありますが、これが70歳以上にも拡大されます。
厚生年金受給額と給与の合計が月48万円を越えると、超過分の半額が支給停止され、給与が一定以上だと、全額支給停止になる事もあります。

厚生年金の支給繰り下げ
65歳から老齢厚生年金が受給できる事になっていますが、この受け取り時期を70歳まで繰り下げる事ができます。繰り下げた期間に応じて支給額が割り増しされ、その額は生涯続きます。

遺族厚生年金の見直し
配偶者に先立たれた場合、今までは遺族厚生年金と自分の老齢厚生年金の併給方法を3パターンから選びましたが、今後は自分の老齢年金を全額受給した上で、遺族年金との差額が支給される形に一本化されます。

年金支給の辞退
「年金はいらない」という人は届け出れば、支給を全額停止できます。

国民年金保険料の引き上げ
国民年金の保険料は、平成16年の制度改正で、平成29年度まで毎年280円ずつ 引き上げられることになりました。

HOME暮らしシニアのセカンドライフとは?年金と今後の生活設計団塊世代の2007年問題とは?シニアにとっての快適な住まい団塊世代の憧れ・田舎暮らしシニアの海外移住・人気の移住先は定年後再雇用制度の詳細4月から年金制度が変わるシニア世代を直撃・住民税増税趣味・資格好きな事を趣味にするシニア・中高年向け資格アクティブシニアは旅行が好き温泉めぐりを趣味にベランダで簡単にできる家庭菜園

シニアのセカンドライフ・ナビHOMEへ
Copyright (C) シニアのセカンドライフ・ナビ All Rights Reserved.


inserted by FC2 system