アクティブシニアのすばらしいセカンドライフのために・・・
シニアのセカンドライフ・ナビ HOME

シニアの海外移住・人気の移住先は


シニアのセカンドライフとして「海外移住」を選択する人も増えています。
ある程度の資金さえあれば「海外移住」は決して夢ではありません。
しかし、海外へ移住する前には十分な下調べが必要です。
シニアの海外移住の利点とは

シニアの豊かなセカンドライフとして「海外移住」を選択する人が増えています。
ある程度の資金さえあれば「海外移住」は決して夢ではありません。

海外移住の利点としては次のような事があげられます。
[物価が安い]
年金生活者となったシニア世代の場合、物価の高い日本では限られた生活費でやりくりしなければならず、暮らしにくいという現状があります。物価の安い海外なら生活資金を気にする事なく余裕を持って暮らせるという経済的な利点があります。

[豊かな自然]
海外移住先として人気のある国は豊かな自然に恵まれ、気候も温暖なところが多く、ゆったりとしたスローライフを楽しめるという利点があります。また、環境をがらりと変える事で新鮮な空気に触れ、今までの自分の人生を見つめ直す事ができる・・・というような事も人気の一因となっています。

[税金の免除]
日本での年金受給者は年金支給額から規定控除額を引いた金額の20%が所得税として課税されます。しかし、海外に移住した場合(租税条約締結国に住む場合)は、日本での年金への所得税は免除され、滞在国の税法に従い、移住先の国へ税金を納める事になります。

海外移住の方法と人気の移住先


シニアが海外移住するには
、りまずリタイアメントビザの制度のある国でリタイアメントビザを取得します。
リタイアメントピザは退職して年金受給者となったシニアが対象のピザですが、殆どの場合、その国での労働は許可になりません。しかし、本国からの年金収入や最初からある程度の資産があれば特に問題はありません。

「いきなり、海外移住は不安」と言う方はまずはロングステイから始めるのもいいかも知れません。

シニアに人気の海外移住先には次のような国があります。

インドネシア(バリ島)
気候が温暖で自然が豊か。インドネシアのリタイアメントビザが必要。物価は安い。
しかし、最近では地震が多発している事などもあり、十分な情報収集が必要です。

オーストラリア
自然豊かな雄大な国。公用語は英語。物価はアジア圏より高め。

タイ
日本に非常に親近感を持っている国。近年は、日本人村施設という日本人シニアが滞在するための施設もある。

フィリピン
日本からも近く、気候は温暖で過ごしやすい。公用語は英語。


HOME暮らしシニアのセカンドライフとは?年金と今後の生活設計団塊世代の2007年問題とは?シニアにとっての快適な住まい団塊世代の憧れ・田舎暮らしシニアの海外移住・人気の移住先は定年後再雇用制度の詳細4月から年金制度が変わるシニア世代を直撃・住民税増税趣味・資格好きな事を趣味にするシニア・中高年向け資格アクティブシニアは旅行が好き温泉めぐりを趣味にベランダで簡単にできる家庭菜園

シニアのセカンドライフ・ナビHOMEへ
Copyright (C) シニアのセカンドライフ・ナビ All Rights Reserved.


inserted by FC2 system